トップページ | 2006年2月 »

2006年1月24日 (火)

出世

ピンポーン。午後7時。いつものようにインターホンが鳴る。
玄関に向かった母は事務的に鍵を開け、誰かも確認せずにキッチンへと帰っていく。
ただいまぁ、と一家の主の声がする。反応する者は誰もいない。

姉貴はケータイで友達とずっとメール。
引きこもり気味の弟は部屋でテレビゲームでもやっているのだろう。
母は淡々と夕御飯の準備を進め、僕はテレビのサッカー中継に釘付け。
いつもならここで父は自分で勝手に着替えを用意してお風呂に入るところだけど

「おい。みんな集まれ」

父が大声で言った。
普段、家の中で喋ること自体が少ないのでみんな驚いている様子。
引きこもりの弟も思わず部屋から出てきた。

「みんなテーブルに座りなさい。」

なんだなんだこの自信に満ちた表情は。
普段のだめオヤジの典型のような気弱な父の姿はそこにはなかった。

「父さんな、ついに昇進したんだ。部長になったんだ」

えーっ!昇進?まさか。万年課長の父さんが。入社2年目で課長になり、超有望株と言われながら30年。未だに課長のままであの人事はなんだったんだと会社の七不思議にまでなった父さんが昇進・・・。
虫も殺せない穏やかな性格が仇となり、競争社会で強く生きる事ができない不器用な父さんが昇進だなんて。
その場にいる誰もが半信半疑で父を見ていた。

「あなた。証拠はあるの?」

母さんがストレートに切り出した。
すると、待ってましたと父さんが床に置いていたカバンを膝の上に持ち上げ、フンフンフフンと鼻歌混じりに叩いて見せた。
普段薄っぺらな父さんのカバンが不自然なふくらみを帯びていた。

「母さん。そしてお前たち。証拠が欲しいかそらやるぞっ」

と、父さんが嬉しそうにカバンの中から取りだしたモノがテーブルの上にドカッと乗っかった。
なんか悪そうな顔したおっさんの生首だった。

「あなた。本当だったのね。ごめんなさい疑ってしまって・・・」

ええっ!?なにその理解力の早さ。そして何この生首。初めて見たけど何か怖いんだよぉ。っていうか臭いよ。やばいクサッ。本格的に臭いよこれ。ちょっと待ってよ何でもいいからどけてよこれ。ああもうやばい。臭すぎてやばいよ。やだもう何この気持ち。すごいイライラしてきた。ああたまらん。辛抱たまらん。やばい。ああ気持ちいい。何かいろいろ通り越してもう気持ちいいんだよ。ねえ聞いてよ。みんなおいでよ気持ちいいよ・・・みんな・・・。

「おい大丈夫か?」
「う、うん・・ごめんごめん。で、これどうしたの?」

父の声で目が覚めた。どうやら気絶していたらしい。
朦朧としながら父の説明に耳を傾けた。

「ライバル会社の専務でな。ランチを食べてたカフェのトイレに入ったら偶然コイツがいたもんで。しかもスキだらけだったもんでな。今ならいけるとネクタイ外して後ろからグイッとな。グググイッとな。」

なるほど。みんな納得した。
その夜、父の出世祝いが盛大に行われた。
みんなお酒飲んだりしてすっかり眠りに落ちている。
起きているのは僕だけ。よし。今しかない。

僕はテーブルの上に置き去りになった生首をそっと手に持ち、
自分の部屋にある机。唯一鍵のかけられる大きな引き出しを開け、大事に生首をしまった。

| | コメント (2)

2006年1月21日 (土)

株デビュー

3年かけてコツコツ貯めた貯金が100万円を超えた。
意を決して株を買うことにした。生まれて初めてだ。
買うのはミスボラシック社の株。
その会社は何かすごい機械を発明したとかでその件はよく知らないのだが、連日ニュースで「ぐんぐん来てますな」と言われているので買うこと決めた。
気分良く鼻歌混じりで株屋に向かった。
ミスボラシック社の株ください。と元気よく言いながら100万円渡した。
窓口のお姉さんに3日後に自宅に届きますと言われた。3日経った。

ピンポーン。

ヒューッ。来た来た。
ドアを開けサインして荷物を受け取った。
思ったより大きかった。というかこりゃ薄くないテレビぐらいの大きさなんですけど。段ボールだし。
重みもあるぞおい。液晶じゃない方のパソコンのモニターぐらいあるな。
そんなこんな思いながら、わくわくどきどきしながら段ボールのフタを開けた。
土臭い匂いの先に木の株が見えた。
ほぉこりゃ立派な切り株で。樹齢50年は優に超えてますな。ってこれ何?
ま、まぁなんて言ったって実際の株見るの初めてだしね。何かイメージでは紙っぽいものだと思ってたけど、ふーんこれが株か。ああついに株主になったのね。感動的だぁ・・・と呟きながら段ボールのフタをそっと閉めた。

3日後。

そろそろ株主になった興奮も沈静化し、なにやら風格すら漂ってきたな、と
ワイングラスに注いだファンタグレープを飲みながらうっとりしていた。
そして、部屋の隅に置いた段ボールに目をやる。
3日前に株を見たときの戸惑いを思い出す。
あのときはヒヨっこだったな。でも仕方あるまい。なんせ株というものを初めて見たのだから。
そう。もうあの時の俺はいない。自信に満ちたその手で段ボールのフタを開けた。
そうそうこれこれ。
土臭い匂いの先に木の株・・・の上にキノコ!
なになに、聞いてないよコレ!なんすか。とっても赤いよ。真っ赤だよ。
天国のおじいちゃん。ボク株主になったよ。大人になったよ。株からキノコ生えてたよ。真っ赤だよ。
食べるよ。もう食べてやるよ。そうだよ。株に生えたキノコ食べるのは株主の証だよ。
急いでみそ汁作ったよ。贅沢にキノコ半分入れてみたよ。不味いよ。なにこれ。大人の味なの。わからないよ。なんだか泣けてきたよ。涙でキノコが見えないよ。見たくないからちょうど良いよ。いやいやだめだよそんなこと。そうだみそ汁には合わないキノコだったんだなきっと。手間かかってないし。よし。天ぷらにしよう。
急いで準備して残りの半分揚げてみたよ。どきどきしながら食べてみたよ。
・・・あら、美味しいじゃないの。

| | コメント (2)

2006年1月18日 (水)

インターネット

都心から電車で2時間半。視界に入る色は緑がグレーを圧倒する。
そんな所謂田舎町にポツンと建つ一軒家の居間で祖父母はソレを楽しんでいた。

「ほぉ、これがいま流行りのインターネットかい。ほらほら、おばあさんや見てごらん」

「ほらほらと言われなくてもさっきからずっと見てますよじいさんや」

「そうかそうか。ほらほら、ミカさんも一緒にインターネットしましょうや」

「あら私の事は気にしないでいいですよ。今はお義父さまたちで楽しんでくださいな」

「そうかそうか。しかしインターネットは面白いねぇ。何時間やっても飽きなそうだぞ。ほらほら、おばあさんやってごらん」

「ほらほらと言われなくてもさっきからずっとやってますよじいさんや」

「そうかそうか。それにしてもインターネットはかわいいなぁ。すべすべだなぁ」

そう言いながらおじいさんは僕の頭や顔を撫でたり、太ももあたりをポチポチ指で押したりした。

さすがに2時間もこうしていると結構辛くなってくるんだけど、帰りにもらえるおこずかいで何のゲーム買おうかなんて考えながら気を紛らわせればまぁ耐えられないことは無いよ。



| | コメント (3)

トップページ | 2006年2月 »